トップへ

四谷大塚NETからのお知らせ

「自ら考える力」を育むために

四谷大塚は、「受験のノウハウを詰めこむだけが塾の役目」とは考えていません。
それは、お子さまが将来遭遇する問題には、必ずしも答えが用意されているとは限らないからです。そのようなときこそ、優れた「人間力」を持っているかどうかが問われるのではないでしょうか。
では、思考力や想像力、「自ら考える力」つまり「人間力」は、どのようにしたら身につくのでしょうか。
四谷大塚では、大きく分けて2つの方法があると考えます。

自ら求め、自ら考える習慣をつけること

四谷大塚では「まず自ら考える→授業を受ける→復習する→テストで確認する→テストの復習をする」という流れが学習の本来の姿であると考えています。何もかも教え込まれる指導からは自ら考える力は育ちません。

基本概念の理解を積み重ねること

四谷大塚では「基本概念の理解」を大切にしています。
基本概念とは新たな思考を生むための発射台のようなもの。
基本概念をきちんと積み重ねていると、あるとき急に目の前が開ける「オリジナルの発想が生まれる!」瞬間がきます。これは基本概念を確実にマスターした人だけの特権。
四谷大塚では、受験テクニックよりもまず正しい考え方を身につけることから指導していきます。

「教材」「授業」「評価」3つの学習の柱と豊富な「Webコンテンツ」

教材

予習シリーズ

「予習シリーズ」は「四谷大塚」の教科書です。
「四谷大塚」のすべての学習は、この「予習シリーズ」のカリキュラムをベースに進められます。
「予習シリーズ」には、好奇心を刺激するカラー写真や、オリジナルのイラストを豊富に用いた解説とともに、一つ解くだけで関連問題も解けるような、本当の意味での“いい問題”を収録しました。
“学習予定表”に沿って、1週間単位で区切られた学習を行うことにより、中学受験に必要な学力が 無理なく身につきます。

学習指導

授業

「授業」は「予習シリーズ」の学習内容を着実な理解につなげるためのものです。
超難関校の合格を目指すクラスから、基本を確実に身につけるクラスまで、お子さま一人ひとりに合わせた学力別のクラス構成。
「予習シリーズ」を知り尽くした各教科の講師陣がポイントをわかりやすく、やさしくていねいに指導します。

評価

テスト

「四谷大塚」では、「テスト」は学習を確実に身につけるために、なくてはならない大切なものとして位置づけています。
毎週の「テスト」では、「予習シリーズ」で学んだ1週間の学習内容を確認、自分がどの程度理解できているのかを、確実にチェックできます。
さらに「テスト」後Webで返却する結果をもとに「復習ナビ」を利用して再復習することで、学んだものをしっかりと自分の学力にできるのです。

Webコンテンツ

予習ナビ― 予習シリーズの解説動画 ―

その週の予習シリーズの学習範囲を毎週月曜から受講できます。
授業は、解説授業と問題演習を組み合わせて進み、受講するお子さまの学力レベルに合わせた授業を映像を止めて、何度でも繰り返し再生しながら理解するまで学習出来ます。
1.5倍速でも再生できるため、学習時間が確保しづらい時にも短縮して受講できます。

週テスト答案返却

四谷大塚NETでは、生徒の答案用紙を画像データ化し、素早く採点を実施。結果が確定次第、Web上で返却します。そのため、テストの記憶が新しいうちに復習を行って、間違えた問題を見直すことができます。

復習ナビ― 週テストの解説動画 ―

「週テスト」は自分の学力を理解する上で不可欠なテストです。しかし、それ以上に大切なのがテスト後の復習。
「間違えた部分を復習する」この繰り返しが学力アップの最短距離だからです。
Web上で返却された採点済み答案閲覧から復習ナビへ進むと、間違えてしまった問題の中で、重要な問題から順番に「解説授業」が始まります。一人ひとりに最適な復習順序を提示しますので、効率的な復習が可能です。

高速基礎マスター― 算・国の基礎トレーニング ―

お子さまの基礎学力の定着と教科を目指した「高速基礎マスター」。算数と国語の主要2科目のトレーニングコンテンツです。
お子さまが一人でいつでも取り組むことができ、少しずつステージをクリアしていくうちに確実に基礎学力が向上していきます。

今日のコラム― 文章構成力・表現力のトレーニング ―

新聞コラムを読んで、筆者の立場で文章の構成や表現を捉える事で、大意をつかむ力はもちろん、読解力や自ら文章を各際の文章構成力・表現力をつけることができます。

父母教室― 予習シリーズのポイント解説 ―

中学受験は親子で歩む二人三脚です。そこで、ご父母の皆様をバックアップして、お子さまの学習の悩みを解決するために、父母教室を各教科10分程度配信しています。単なる解説ではなく、多くのお子さまが間違えやすい問題、つまずきやすいポイント、これだけは絶対に覚えて欲しい事項について、ていねいに説明しています。また、時期に合わせた中学受験情報もお伝えしています。

学習システム

1週間の学習サイクルが基本 スモールステップ&パーフェクトマスター

「予習」→「授業」→「復習」→「テスト」→「習得」を1週間で行う学習サイクルが四谷大塚の基本です。
通常テストを受けたら、答案が帰ってくるのに間が空いてしまい、また新しいカリキュラムが始まるのでなかなか復習ができず学習が定着しない。そうならないように、テストを受けた次の日には答案がWeb上で見ることができるのが四谷の強み。
週末のうちに復習をすることでその週の学習はその週の内に習得できます。
また、授業を受ける前に予習をすることで、「まず自ら考える」習慣をつけます。

5週に一度の総合テスト(組み分けテスト)

4週間にわたって新しい内容を学習した後、5週目の「総合」の回で4週分の復習授業とテストを行います。
四谷大塚のシステムで勉強している生徒は、今の自分の学力に応じて「テストコース」を持っています。
テストコースは、成績上位からS・C・B・Aの4コースに分かれていて、夢の実現のために超難関校合格を目指すSコースは、みんなの憧れですが、目標に向かって進むステップが大きいため、しっかり実力がついていないと理解することができません。
ですから、「5年生までにCコースになる!」とか、「6年生の5月でSコースになる!」というように、中間目標をたてて勉強に取り組みます。だから、いつも目標を失わず、自らやる気を持って勉強に取り組めるのです。

公立中高一貫校対策コース 新6年生2月より

4、5年生までは皆A~Sのコースですが、6年生になると公立中高一貫校受験コースか私立中学校受験コースかを選ぶ事ができます。
教材(予習シリーズ)、週テスト、Web授業(予習ナビ)などすべてが、公立中高一貫校の適性検査対策に特化したコースで、記述力や表現力のトレーニングはもちろん、週テストでは作文の添削指導も組み込まれ、徹底的に合格力を養成します。
定着度の確認には、「月例テスト」、「実力判定テスト」も実施し、公立中高一貫校の適性検査に万全に備えます。

充実のプログラムで、学力アップを目指す

4年生:2月~3月に、入試報告会・父母会・オリエンテーション・組み分けテスト・春期講習。4月~8月に、学校参観・父母会・個人面談・組み分けテスト・全国統一テスト・夏期講習。9月~12月に、個人面談・組み分けテスト・父母会・全国統一テスト・冬季講習。1月に、組み分けテスト。

5年生:2月~3月に、入試報告会・父母会・オリエンテーション・組み分けテスト・春期講習。4月~8月に、学校参観・父母会・個人面談・組み分けテスト・全国統一テスト・夏期講習。9月~12月に、個人面談・組み分けテスト・父母会・全国統一テスト・5年志望校判定テスト・冬季講習。1月に、組み分けテスト・5年志望校判定テスト。

4年生:2月~3月に、効率中高一貫学対策コース開始・入試報告会・父母会・オリエンテーション・組み分けテスト・春期講習。4月~8月に、合不合判定テスト・学校参観・父母会・個人面談・組み分けテスト・全国統一テスト・夏期講習。9月~12月に、学校別対策コース開始・個人面談・進路相談・学校別判定テスト・公立中高一貫校対策実力判定テスト・父母会・全国統一テスト・冬季講習・合不合判定テスト。1月に、入試直前指導・入試サポート。

入会までの流れ

直近の全国統一小学生テスト、入会テスト、公開組み分けテスト(有料)を受験する。(お申込みや開催日は右のイベントカレンダーをご参照ください)→入会

お電話でのお問合わせ:那覇校:098-863-1743

四谷大塚会員の種類(受講形態)

正会員は、予習シリーズによる授業と週テスト・Webコンテンツの利用・1~3年で個別指導・4~6年で少人数クラス指導となります。週テスト会員は、週テストとWebコンテンツの利用のみとなります。準会員は予習シリーズによる授業は受けますが、週テストはありません。コースもA.Bのみになり、Webコンテンツにも制限があります。

受講料

入会金

5,000円
「TPSに通っている生徒の紹介で入会」「日経教育グループに通学している家族の紹介で入会」「日経教育グループを卒業した学生及び講座修了者の紹介で入会」のいずれかをみたす場合、入学金が免除されます。詳しくはお問合わせください。

月額受講料

1年生 12,000円

2年生 15,000円

3年生 18,000円

4年生 正会員 15,580円
+テスト受験料
週テスト会員 8,200円
+テスト受験料

5年生 正会員 18,360円
+テスト受験料
週テスト会員 9,180円
+テスト受験料

6年生 正会員 私立 21,500円
+テスト受験料
正会員 公立 17,280円
+テスト受験料
週テスト会員 私立 10,080円
+テスト受験料
週テスト会員 公立 4,104円
+テスト受験料

教材費の目安

半年間の必須教材の合計金額で、各学年とも上巻・下巻に分かれています。
※1・2・3年生の教材費は月額受講料に含まれています。

4年生 15,768円

5年生 19,224円

6年生 20,088円

良くあるお問い合わせ

よく寄せられるご質問にお答えいたします。質問をクリックすることで開きます。
その他ご不明な点がありましたら、電話やメールにてお気軽にお問い合わせください。

Q. 入塾を検討していますが、授業の体験はできますか?

A. TPSの在校生に混じって授業に参加できる1週間無料体験授業を実施しています。教室の雰囲気や講師の指導力をぜひお子様に体験してもらってください。
体験授業の日程に関しては教室までご連絡ください。

Q. 年度の途中からでも入塾はできますか?

A. 四谷大塚では、一度習ったものを時間をおいて何度も繰り返し学習する教材を使用していますので、年度の途中からでも無理なく学力を身に着けていただけます。
それでも不安な場合は随時個別指導を行い、学力の定着を確実にしていただけます。

Q. 毎週テストを受けるのは大変ではないでしょうか。

A. たしかに大変かもしれませんが、四谷大塚では、毎週行うテストは学習を確実に身につけるために欠かせない、大切なものとして位置づけています。
このテストは、四谷大塚の教科書[予習シリーズ]で学んだ一週間の学習範囲を自分がどの程度理解できるかを確認し、確実に学力評価できるテストです。
生徒の学力が一番伸びる瞬間は、テストの最中です。 時間制限によって集中力が研ぎ澄まされた生徒たちは、少しでも良い点を取りたいという気持ちに後押しされて、最大限の力を発揮するのです。
四谷大塚の「週テスト」は、その伸びる力を残さず学力に結びつけていきます。

Q. 宿題はありますか?量が多くて大変ではないでしょうか。

A. 毎日の課題を出させていただいていますが、1日あたりの量が多いということはありません。特に、低学年から4年生のうちは、ぜひお家で学習する習慣を身に着けていただきたいと考えています。教室で授業を受けているだけで学力が上がるということはありません。
授業を受ける前にまず自分で考え、授業の中でわからないところを明らかにし、もう一度復習をすることで学力の定着を図る。これが四谷大塚の基本です。

お問合わせ・資料請求

お電話でのお問合わせ:那覇校:098-863-1743

WEBからのお問合わせ・資料請求はこちらをクリック

教室案内

TPS思考能力研究会
那覇校

〒902-0067
沖縄県那覇市安里
65番地2F
TEL:098-863-1743

予習シリーズ

首都圏の受験生のおよそ2人に1人が学習するベストセラー。それが四谷大塚の「予習シリーズ」

子どもたちの学力を本当に高める「予習シリーズ」のらせん型カリキュラム

一つの分野の学習を段階的に学習することにより、学習内容を振り返りながら、基本の理解と定着を図り応用力を身につけます。
算数であれば、4年生のときにある問題を解くひとつの方法を学んだとします。すると「予習シリーズ」では5年生になって同様の問題を「別の方法で解く」ことを学びます。
子どもたちは、「アレ、これは前に習ったぞ」と思い出すと同時に、答えを見つける方法はひとつではないことを知り、以前習った内容をもっと深く理解できるようになるわけです。
このように算・国・理・社のすべての分野でらせん型にカリキュラムが組まれ、それに沿った学習を繰り返し続けることで、問題を解くための「自ら考える力」を自然と身につけることができるのです。

四谷大塚独自の工夫がいっぱいの教材

算数は、掲載しているすべての問題に「詳細な解説」を載せてあります。 考え方や解き方につまづいたときにも、解説を読んで、しっかり理解することができます。
国語では、最近の入試問題によく見られる「記述式」問題への対応を4年生の段階からしっかりと行います。
理科・社会では、カラー写真やカラーイラストが豊富に並んでいます。 イラストは一点一点描き起こしたオリジナル。「これはなんだろう?」と、思わず興味をそそられるはずです。

一週間単位のカリキュラムで集中して学べる

「予習シリーズ」の学習範囲は、一週間単位で一区切りとなっています。そのため、今週自分がどこまで学べばいいのかがハッキリとわかり、目標も立てやすくなります。 また、一週間で学び切る学習サイクルが身につきます。

繰り返し学ぶことで知識がしっかり身につく

「予習シリーズ」のカリキュラムは5週に一度「総合」の回が設けられ、それまでに学んだ前4週分の復習をします。
学習内容を繰り返す事で、知識を確実に定着させます。

4・5・6年生 必須教材

予習シリーズ
学力を伸ばし、豊な人間力を育み、確実に第一志望合格を勝ち取る「合格力」を養成する「予習シリーズ」。 カリキュラムや各教科のテキストに改訂を加え、さらなる進化を続けています。 6年生下巻は、より学校別対策に特化した、コース別の内容になります。

予習シリーズ 基本問題集
予習シリーズの例題や基礎事項の理解に重点をおいた教材です。 演習問題を中心にわかりやすい解説を加えた構成で、予習シリーズの内容をより基礎から理解することができます。

4・5・6年生 必須副教材

予習シリーズ 計算
計算と基本的な一行問題をくりかえし学習する必修教材です。

予習シリーズ 漢字とことば
毎日の学習の積み重ねによって、国語力の基礎となる漢字とことばの知識を身につけていきます。

予習シリーズ 演習問題集
基礎から応用まで幅広く問題を掲載していて、すべてのレベルに対応しています。

予習シリーズ 実力完成問題集
※6年生上巻のみの教材です。

予習シリーズ 入試実戦問題集
※6年生下巻のみの教材です。

4・5・6年生 選択副教材

応用演習問題集
※4・5年生のみの教材です。

応用力完成問題集
※6年生上巻のみの教材です。

基本演習問題集
※4・5年生のみの教材です。

基礎力完成問題集
※6年生上巻のみの教材です。

週テスト問題集
予習シリーズに基づいて前年度に実施した四谷大塚のテスト問題をまとめたものです。 ※国語は著作権上の都合により、販売しておりません。

6年生 入試対策教材

四科のまとめ
入試対策の決定版。おさえておきたい最重要事項をまとめています。

ニュース最前線
国内外の出来事をわかりやすく解説するとともに、予想問題で実戦力をつけます。

6年生 中高一貫校対策

全国に広がる「公立中高一貫校」。その受験対策に適切な教材とテキストをご用意しています。

予習シリーズ 公立中高一貫校対策
「公立中高一貫校」を目指す6年生のために、適性検査を徹底分析して作成した教材です。 毎年、高倍率での受験となる公立中高一貫校。倍率だけでなく私立中学の入学試験問題とは出題傾向が異なるため、適性検査への対策が欠かせません。 重要単元の復習、文章・グラフ・資料等の読み取りなどの基礎基本の徹底や、記述問題対策など公立中高一貫校の合格に必要な力をしっかりと養成する教材です。

6年生対象
公立中高一貫校対策 月例テスト
【全4回】

『合格』に王道なし。このテストの先に『合格』がある!
予習シリーズ「公立中高一貫校対策」の5週ごとの[総合]の回に対応した、習熟度を確認するテストです。テストの結果を分析したデータをもとに、自分の得意・不得意を見極めて、弱点分野を徹底的に克服してください。 弱点をコツコツとなくすことが、『合格』をグッと引き寄せます。

6年生対象
公立中高一貫校対策 実力判定テスト
【10月・11月】

公立中高一貫校受験の前哨戦!
○公立中高一貫校の出題傾向を徹底的に分析し、作文を含む適性検査で、お子さまの実力を正確に判断します。
○同じ志望校を目指す志望者の偏差値から、お子さまの学力の位置がわかります。
○合格した先輩の同時期の成績と比較から、よりリアルな合格可能性が見えてきます。

1・2・3年生 必修教材『ジュニア予習シリーズ』

1・2年生で学習習慣を、3年生で高学年の学習の準備となる基礎的事項を、しっかり身につけます。

1年生ジュニア予習シリーズ

2年生ジュニア予習シリーズ

3年生ジュニア予習シリーズ ※3年生は理科・社会の販売もしております。

3年生 演習問題集

公開テスト

全国統一小学生テスト(無料) そのテストは、ボクの中の何かを変えた。
対象:小学1・2・3・4・5・6年生【6月、11月】

全国47都道府県、2000会場、12万人の受験生が集う、全国最大の小学生の学力テスト。
全国のライバルとの競争の中で自分自身と向き合い、自分の力を正しく知り、努力をする原点としてはじめの一歩を踏み出すためのテストです。
また、連続して受験することでさらなる目標を見つけ、自ら努力を継続し、学力向上を実現していくことができます。ぜひご参加ください。

信頼度、受験者数No1 6年生対象
合不合判定テスト
【4月・7月・9月・10月・11月・12月】

入試に向けて受験校を決定するためのテストです。正確な合格可能判定はもちろん、返却される豊富な資料により苦手分野を浮き彫りにして、直前の対策を万全にします。特にWeb上では、詳細な分析データがフィードバックされるとともに、テスト問題の解説授業も閲覧でき、さらなる学力向上に役立ちます。

進化するフィードバック情報
○テストの後、自宅のパソコンで「解説授業」をが見られる!
○復習後に学力向上分を得点に加算して合格可能性を確認できる!
○徹底的に弱点を見抜くための成績資料満載!
○エントリーした志望校以外の合格判定シミュレーションができる!

6年生対象
学校別判定テスト
【10月・11月】

男女主要難関校に絞って学校別に実施します。 出題傾向を反映させ、開始時間や休憩時間、問題用紙形式などそっくりのまま、本番さながらのテストです。

5年生対象
5年志望校判定テスト
【9月・1月】

5年生の段階で、志望校を意識し、目標を明確にすることで、受験への自覚を高め、6年生で学力を大きく伸ばすためのテストです。

4・5・6年生対象
公開組分けテスト
【4・5年生:年9回】【6年生:年4回】

会員が全員受験する「組分けテスト」を公開テストとして実施します。 受験生全体の中での自分の学力の位置が正確にわかります。

3・4・5・6年生対象
講習会判定テスト
【春期・夏期・冬期】

各期講習終了後に実施。講習での学習成果を確認して、新学期に向けた学習目標の設定に役立ちます。

3・4・5・6年生対象
月例テスト
【3・4・5年生:年8回】【6年生:年4回】

定期的なテストで学習内容の理解度をしっかり確認して、バランスよく学力を育てます。 学習習慣を身につけるうえでも効果的です。